フェレットの種類


フェレットのファームとは?
フェレットが作られた繁殖場のことで、そのファームごとにさまざまな改良がなされて、現在のようにペットとして最適なフェレットが誕生しました。
そのため、下記に記載されているフェレットの種類は、ファームによって性質や特徴は少しづつ異なり、それが、それぞれの個性になっています。

マーシャルフェレット(アメリカ  ニューヨーク)

0.8~1.5㎏
体は比較的細めの個体が多く、噛み癖の少ないおとなしい仔が多いため初めて飼育する方にお薦めです。
耳に入れ墨、マイクロチップが入っています。

マーシャルフェレット

マウンテンビューフェレット(アメリカ  ニューヨーク)

0.8~1.5㎏
噛み癖も少なく、大人しい仔が多い。
カラーなどマーシャルファームに似ています。

マウンテンビューフェレット

パスバレーフェレット(アメリカ  ペンシルバニア)

0.8~1.5㎏
しっかりした体つきをして顔が丸い個体が多く、カラーバリエーションが豊富です。
ペット用フェレットを繁殖している最大のファーム。
入荷も安定しています。

パスバレーフェレット

ルビーフェレット(アメリカ  アイオワ)

0.8~1.5㎏
べビーの頃からしっかりした体つきをして顔が丸い個体が多いです。
日本にはごく少数しか入ってきていません。

ルビーフェレット

カナディアンフェレット(カナダ  バンクーバー)

1.0㎏~1.8㎏
がっちりした骨太の個体が多いです。
男の仔はとても大きくなる仔が多く、丸顔で筋肉質な体が魅力。
耳に入れ墨があります。
カラーバリエーションも豊富。

カナディアンフェレット

ニュージーランドフェレット(サウスアイランド)

1.0㎏~1.8㎏
顔が丸く、パンダ模様の個体が多いです。
大きくなる個体が多く、男の仔は非常に大きくなる仔が多いです。
独特の丸顔には人気があります。
カラーバリエーションは少ないです。

ニュージーランドフェレット

アンゴラフェレット

1.0~2.0㎏
他のファームよりも毛い被毛が特徴。
大きな体にたっぷりとした被毛で存在感がありフェレットオーナーの憧れです。
カラーのバリエーションも豊富。鼻の形が違ったり、鼻に毛が生えるなども見られます。

アンゴラフェレット


フェレットのカラーバリエーション
毛の生え変わり時期や大人になると変わってくることもあります。

セーブル

オーバーコートは濃い茶色から黒色で、アンダーコートは白からクリーム色。
手足や肩、尾、目の周りが黒い。
最もポピュラーで、フェレットの起源といわれるケナガイタチの野生色に近いです。
瞳の色は黒か濃い茶色。

セーブル

ブラックセーブル

オーバーコートは艶のある黒色で、アンダーコートは白からクリーム色。
瞳や鼻の色も真っ黒で、セーブルよりも全体的に黒いです。

ブラックセーブル

アルビノ

オーバーコートもアンダーコートも白色の単一色。
目は赤い。先天性の色素欠乏症によるものだがフェレットでは一般的に見られる毛色です。

アルビノ

スターリングシルバー

オーバーコートは白と黒の混合。
アンダーコートとの混ざり具合でシルバーに見えます。
白い毛と黒い毛の比率によってさまざまな濃淡が展開され、年齢や季節での濃淡の変化が激しく、模様のバリエーションが多彩なのが特徴です。

スターリングシルバー

シルバーミット

前記のシルバーのタイプよりやや濃いめで、手足に白い手袋(ミット)が入った模様となります。

シルバーミット

バタースコッチ

オーバーコートが茶色からチョコレート色で、アンダーコートは白からクリーム色。
目の周りや手足、しっぽはこげ茶色。
アメリカではチョコレートとも言われています。

バタースコッチ

シナモン

オーバーコートは赤っぽい薄茶色で、アンダーコートは白からクリーム色。
全体的に薄く、バタースコッチよりも明るい印象。
瞳の色はブドウ色が多いです。

シナモン

シャンパン

オーバーコートがシャンパンのような小麦色(黄褐色)で、アンダーコートは白からクリーム色。顔の模様はないか、あっても淡い。
瞳の色はブドウ色が多いです。

シャンパン

ブレイズ

顔の中心から後頭部、肩にかけて、ひとすじの白い模様が入るのが特徴です。
腹部がまだらだったり、白かったりと独特の模様と濃淡でパターンがバリエーション豊富です。

ブレイズ

パンダ

実際のパンダのように肩口から手足にのみ色が入っているのが特徴です。
腹部が班模様だったりすることもあります。

パンダ

セーブルポイント

脚部や腹側、尾が他の部分よりくっきりと濃く入っている。
顔のくまどりは目の周りにわずかあるくらいで、ニュージーランド産に多く見られます。
ライトセーブルと呼ばれることもあります。

セーブルポイント

マークドホワイト

オーバーコート、アンダーコート共に白色単一色に、背筋からしっぽにかけて黒い帯状の模様が入るのが特徴。
成長段階や季節によっては黒い毛が増えてきたり、反対に減ったりする場合もあります。

マークドホワイト

ホワイトファーブラックアイ

オーバーコート、アンダーコート共に白色の単一色、瞳の色が黒いのが特徴です。
尾や背すじに、少量の黒い毛が入ることもあります。

ホワイトファーブラックアイ

アンゴラ系

アンゴラに限っては、独自の呼び方となっています。
ブラックセルフ
黒と白のツートンカラーです。色の割合はその子によって、また時期によってだいぶ変わる場合があります。
セーブルの長毛種とイメージしてもらえればわかりやすいですね。

ブラックセルフ

ロイヤルパステル
淡い茶色と白のツートンカラーです。
こちらも色の割合は変わる場合があります。
バタースコッチやシャンパンの長毛種とイメージするとわかりやすいですね。

ロイヤルパステル

ロイヤルオレンジ
パステルより茶色の部分が濃くオレンジがかっています。
色合いとしては、シナモンの長毛種をイメージするとわかりやすいです。


アルビノ
アルビノは普通の種類と同様、目が赤く毛が白いです。


ブレイズ・パンダ
これらの種類も、普通の種類と同様の柄を持っていますが、入荷は非常に稀です。




フェレットの歴史

フェレットはヨーロッパケナガイタチを家畜化したものと言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。

紀元前4世紀以前に古代エジプトやギリシャで、ウサギやネズミを捕るために家畜化されたとも言われています。
その頃のエジプトの壁画にはその様子も描かれています。

また、古代ギリシャの地理学者ストラボンが、リビアではすでにフェレットが家畜として飼われていたとも記述しています。
他にも古代ローマの博物学者プリニウスが、その著書「博物誌」の中で地下に穴を掘って暮らすアナウサギの狩りにフェレットを使用していたことを書き記しています。

その後10世紀から12世紀ごろ十字軍によってフェレットが広められたとも言われています。
14世紀から16世紀のルネサンス時代になると、裕福な女性の間でフェレットを飼うことが1つの趣味となりました。
当時のエリザベス女王の肖像画に描かれている白テンも、実はフェレットではないかとの説もあります。

それから19世紀後半になると、アメリカの毛皮商人がスペインからフェレットを輸入して毛皮用のフェレット飼育が栄えたと言われています。

そして現在は狩猟用や毛皮用としてよりも、皆さんご存知の通り可愛いしぐさや愛嬌、人懐っこさが受け入れられ、ペットとしての地位を確立しつつあります。

<<フェレットの特徴へ  フェレットの飼い方へ戻る  フェレットの魅力へ>>





ペポカ ペポカ残高照会はこちら














LINE@ 友だち募集中!