フェレット購入時のポイント

購入前に心がけておくこと
動物を飼うということは、その子の一生涯責任をもって最後まで面倒を見ることです。
飼育方法や費用、生活時間などあらゆる点を考慮してから飼うようにしましょう。

フェレット自分が大切に育てようとしても、家族の理解が得られないままお迎えをすると、飼育後に反対にあい飼育ができなるなどのことも考えられます。きちんと家族に相談した上で環境を整えてからお迎えしましょう。

どんなに可愛い子でも、その子と一生付き合っていく気持ちがなければ飼うことはできません。
一度家に帰り、家族に相談したり気になることをきちんと調べてからお迎えしましょう。

また、フェレットを気に入る人は臭いも気にならないもの。しかし受け入れられない人の理由はフェレット特有の臭いがダメ。。。とおっしゃる方もいます。
同居者がいるならば、きちんと理解してもらう必要があります。

良い飼い主になるための9ヵ条

1.最後まで責任を果たす
可愛い気持ちだけで飼っただけで、すぐに飽きるようではいけません。
2.きちんと面倒を見る
言葉が話せないフェレットは、ごはんやトイレ掃除などして欲しい時に教えてはくれません。
3.経済的余裕がある
フェレットの購入費用の他にも今後必要な餌代や病院代など。どのくらいまで大丈夫なのかはあなた次第。
4.健康でいること
飼い主が病気になってもフェレットは自分の身の回りの世話ができません。いつでもご飯、トイレ、遊ぼう、と思っています。
5.フェレットに適している環境
夏や冬の部屋の温度管理、遊ばせる時のスペースなど心掛けることはあります。
6.時間的余裕がある
仕事が忙しくて遊ぶ時間どころか世話すら家族任せ。。。フェレットが悲しむだけです。
7.周りの協力が得られる
自分が留守の時に家族が知人が世話を手伝ってくれるのか、何かの時のためにも必要です。
8.小動物や猛禽類などと一緒の部屋で飼わない
自然界においては、小動物~フェレット~猛禽類 といった食物連鎖になります。
犬や猫とは遊ぶことができても、それ以外の動物とは難しいかもしれません。
9.飼育方法を勉強する
飼いやすいとはいっても、フェレットのことを知らなくては飼うことはできません。
飼っている人やお店のスタッフなどに、実体験を聞くことも大事です。

<<フェレット購入前のポイントへ  フェレットの飼い方へ戻る  飼育用品の選び方へ>>





ペポカ ペポカ残高照会はこちら














LINE@ 友だち募集中!