フェレットの日常のお世話

フェレットフェレットと一緒に生活していると、基本的な生活サイクルが決まってきます。
ケージの中に入れっぱなしではなく、きちんとしたコミュニケーションを取りましょう。

毎日のお世話
 毎日すべきこと

毎日フェレットにしてあげることといっても、大げさに何かをする必要はありません。
ご飯をあげて、お水を交換して、トイレの掃除をして、ブラッシングなどしながら一緒に遊ぶといった基本的なことだけでOKです!

 1日のほとんどは寝て暮らす。

フェレットは通常、通常短時間に激しく遊び、他の時間はぐっすりと眠るというサイクルになります。
そしてフェレットの睡眠はとても深く、中には抱き上げても起きないこともあります。
しかし一旦目が覚めると、さっきまで寝てたのが嘘のように激しく遊びまわります。

 フェレットが快適に過ごせる生活スタイルとは

フェレットを飼う際には、飼い主が留守の時はケージに入れ、帰ってきたら出して遊び、寝る時にはケージに戻すといった半放し飼いが理想的な生活スタイルです。
ケージの中だけだと運動スペースが限られてしまうので、一緒に遊べる子をもう1匹飼うか、できるだけ広いケージを用意しましょう。
またいつでも放し飼いにする場合は、飼い主のいない間に事故や誤飲などを起こす恐れがありますので、その際には安全を期すようにお部屋の環境を整えてください。

 1日に1度は一緒に遊ぼう

社交的で遊ぶのがとっても大好きなフェレットですので、1日のうち1度はケージから出して一緒に遊ぶよう心掛けましょう。
遊ぶ時間などは特に決めなくても、飼い主の生活サイクルに合わせて、空いてる時間を利用して遊んであげてください。
元々夜行性の動物と言われておりますが、ペットとして繁殖されているのであまりその時間に縛られる必要はありません。

毎週のお世話
フェレットフェレットのお手入れなどは毎週行ってあげましょう。
主に行うのは、爪切り、耳掃除、ケージの掃除、ハンモックや敷き布の交換などになります。
怠ってしまうと臭いの原因や、身体の調子が悪くなってるのを見過ごしたりしてしまいます。

毎月のお世話
フェレットの身体を綺麗に保つために、毎月1回くらいのペースでシャンプーをしてあげましょう。
あまり頻繁に行うと、身体の臭いを保とうをして余計に臭くなったり、しなさすぎると臭いがひどくなったり、毛穴に汚れが詰まって新しい毛が生えてこなくなったりしてしまいます。

季節ごと、毎年のお世話
春から晩秋にかけては蚊の出る季節になります。そこからフィラリアという病気になるのを防ぐために獣医さんでお薬をもらって与える必要があります。
また、ジステンパーの予防注射も免疫が弱くなるのを防ぐために毎年接種しましょう。
定期的に獣医さんに通うことで、健康チェックなどをしてもらうのもよいでしょう。

他の動物と飼うときには
フェレットはとても社交的で、人以外にもいろんな動物とコミュニケーションを取ろうとします。しかし遊び方が激しいために怪我をさせてしまったり、場合によっては獲物を捕らえるつもりで殺してしまうこともあるので気をつけましょう。

 子犬、子猫、人間の赤ちゃんなどは一緒に遊ばせない

何もわからない赤ちゃんにフェレットの遊びは非常に危険です。一緒の部屋にいる場合には絶対に目を離さないよう注意しましょう。

 フェレットより小さい動物もNG

小鳥やハムスター、ウサギなどは草食動物のため、肉食動物であるフェレットの存在は非常に脅威です。稀にうさぎとフェレットが一緒に生活している話も聞きますが、よほど時間をかけて慣らさないといけないし、常に神経を集中させてしまうような状況にもなりかねないので、無理に一緒に遊ばせる必要もありません。
同じ家の中で生活する場合は、フェレットが近づかない別の部屋などにケージを置き、万が一のことも考えてお互いのケージに鍵などをつけて脱走しないようにしてあげましょう。
また、フクロウなどの猛禽類などはフェレットを捕食する動物なので、やはり見える範囲で一緒に飼わないほうがよいでしょう。

 成犬や成猫

犬や猫が大人の場合には、上手に遊べることもあるでしょう。
但し彼らだけで遊ばせてしまうと、どちらかが怪我をする可能性もあるので、必ず目の届く範囲で遊ばせましょう。

<<フェレットのお迎えへ  フェレットの飼い方へ戻る  フェレットの暑さ対策へ>>





ペポカ ペポカ残高照会はこちら














LINE@ 友だち募集中!