フェレットの暑さ対策

フェレットはどちらかといえば暑さに弱い動物です。
日本の気候の場合、真夏に部屋を閉め切って出かけると部屋の温度は簡単に30℃以上になり、フェレットには致命的となってしまいます。
フェレットが快適に過ごすためにも、暑さ対策はしっかり行いましょう。

 エアコン

真夏の暑さから身を守るには一番のアイテムです。だからといってがんがんに冷えた風を送っていると逆に風邪を引いてしまうこともあります。冷たい温度は下に流れることを利用して、フェレットが暑がらない程度の温度設定にしてあげると冷えすぎず、電気代もさほどかからず経済的でしょう。
日中のいない時間帯に部屋の温度がどのくらいまで上がってるのか?と気になる方は、最高温度や最低温度を記憶できる温度計なども販売しております!スタッフも使用してますが、部屋にいない時の室温も測れるのでオススメです♪

 扇風機

フェレット扇風機をただ回しているだけでは部屋の温度は下がりません。我々が扇風機で涼しく感じるのは、汗が風に当たり蒸発することで気化熱により涼しく感じるので、気化する水分がない限りは熱風を回しているに過ぎません。

また汗をかけないフェレットに風を当てても効果がないので、扇風機を使う場合は氷や水などをケージの近くに置き、それを気化させることで多少温度を下げることができますが、大幅に温度を下げるほどの効果はないので長時間の使用はオススメできません。
エアコンなどと併用するようにしましょう。

 ひんやりグッズ

ケージの中に入れておくだけで身体の温度を下げることのできる物もあります。
ペット用のアルミプレートや素焼きの鉢などは夏場のフェレットの必需品とも言えます。
但しいたずらをされてしまう恐れのあるものは避けましょう。

 

飲み水も暑い夏場にはぬるくなってしまいます。氷を少量入れて冷やしてあげるとよいですが、入れすぎて冷たい水になるとお腹をこわすかもしれないので気をつけましょう。
また、凍らせたペットボトルや保冷剤は身体を冷やすグッズとしてオススメです。タオルなどに包んで直接触れないように置いておくとよいでしょう。

 外出時の注意

夏場の外出は暑いだけでなく、狭いキャリーの中に入っているフェレットにとっては外気以上に暑く感じます。
この時期に出かける場合は上記のように、凍らせたペットボトルなどを必ず一緒に携帯してキャリーの中に入れてあげましょう。
また車での移動の際は、エンジンを切ってそのまま放置すると車内の温度は60℃に達するとも言われています。わずかな時間でも命に関わるので絶対に車の中に置きっぱなしにすることは避けましょう。

<<フェレットの日常のお世話へ   フェレットの飼い方へ戻る  病気対策へ>>



















LINE@ 友だち募集中!